2019年7月14日日曜日

第4回ファミリーコンサート @ 千葉市民会館 大ホール

Facebook版はこちら→https://www.facebook.com/onbrass/posts/707577316366441

稲毛おんぶらすがお送りする音楽のディズニーツアー!
2019年7月14日、第4回おんぶらすファミリーコンサートを開催しました。
3連休の中日、雨☂️にもかかわらず、
なんとなんと、おんぶらす史上初の、千葉市民会館満員御礼!
本当にありがとうございました!
レポートとして書きたいことがありすぎて、超大作になりそう。。。
ここではダイジェスト版として、コンサート内容をご紹介できるよう綴ります✏️
長いですが、どうかお付き合いください。

*****
この日のテーマは、ズバリ、ディズニー
曲目はもちろん、演出、装飾、小道具、プログラム、衣装、照明…細部に至るまで工夫を重ね、
夢と魔法の国💫へお客さまを案内するべく、
1年半近い準備期間を経て、ついに本番の日を迎えました。
(準備期間のエピソードや細部のこだわりなど、書きたいことが山積み。。。別の機会に譲ります)。
素敵な入場ゲートをくぐると、楽しいBGM(←クリックで音が出ます!日本語のあとに英語!)に心もわくわく。
夢と魔法の国への旅が始まります🎵
この日の音楽ツアーは、「ツアーガイド」Sちゃんがみなさまをご案内しました🎤🌟
旅は、素敵なガイドがいると、何倍も楽しくなりますよね!
(小さなガイドNちゃんも大活躍でした!)


*****
最初は、ミッキーマウスのふるさとアメリカへトリップ🇺🇸
「星条旗よ永遠なれ」でスタート!
ドラムマーチに合わせて、マーチングチームが客席後方から登場、通路で演奏しました。
「演奏者が後ろから登場し、間近で聞けて、いきなりの一体感がすごい!」との感想も😍
舞台上では、笑顔がかわいい女の子6人組・カラーガード隊が、バトンと旗の演技を披露🎵

*****
続いては「ファンタジア」より、「トッカータとフーガ ニ長調」ほか6曲を演奏。
最後には、威風堂々をバックに、二組のお客様に、開園のテープカットをしていただきました。
(突然のお願いにも関わらず、登壇くださってありがとうございました!)。

いよいよパークがオープン🎵
さあ、ここからいよいよツアーが本格始動します。
*****
「ミッキーマウスマーチ」では、楽しい仲間が続々登場し、それぞれの楽器の音色をご紹介。
ユーフォニウムとトロンボーンが奏でる「ヨーホー」のサウンドに続いて演奏した「パイレーツオブカリビアンメドレー」では、手作りの「オーシャンドラム」で波の音を再現しました。

かっこいいナイフの形になっていたりと細部までのこだわり、きっと注目していただけたはず🎵
波のような低音から静かに曲は始まり、やがて迫力のクライマックスへ!
*****
休憩を挟んでの第二部。
元気になっちゃう魔法の言葉、それは
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」🌈
メリーポピンズの劇中で歌われる楽曲です。

第二部はまず、この曲に合わせて体を動かしたり、踊ったりして楽しんじゃいました🎉
この曲の最後には、みんなが知ってるあの人(?!)が登場!
見た目は真っ黒でちょっとこわい。でも今日はなんだかチャーミングで、礼儀正しくて、思わず笑っちゃう!

会場は大盛り上がりでした。
May the Force be with you!
おんぶらすの精鋭部隊、サックスパートによる「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」のアンサンブルでは、譜面台も衣装も、クリッターカントリーにいるような雰囲気満点。
会場中が、美しいハーモニーに引き込まれていましたよ。

*****
音楽でめぐる、夢と魔法のよくばりツアー。
続いては、「ディズニーシーメドレー」(「リトルマーメイド」「インディ・ジョーンズ」「ホール・ニュー・ワールド」)をお送りしました。
ここで登場したのは、なんと「空気砲」!
団員Sファミリーの一年近い構想、制作期間を経て完成した、世界に一つのオリジナル空気砲なんです💨
レイダースマーチに合わせてドーンと放たれる空気砲に、歓声とどよめきが。
大成功!!!

そして「ホール・ニュー・ワールド」では、おんぶらすのアラジンとジャスミンが、トランペットとサックスの素敵なダブルソロで、うっとりするような空飛ぶ絨毯の旅へと私たちを連れて行ってくれました💫
*****
さあ、息つく暇なく、ツアーは進みます!
つづいては、本日のメインイベント! タップダンスとおんぶらすのコラボ!
トロンボーンアンサンブルによる「茶色の小瓶」、


そしてドラムプレイがクールな「sing sing sing」に乗せて、タップダンサーのツカサさんとt.rhythmのみなさんが華麗に舞い踊る

もう、超かっこいいー!!! 
見ていると思わず体が動き出しちゃう、そんなステップ!
タップダンスとブラスサウンドのコラボに、大きな拍手をいただきました。
*****
楽しい音楽ツアーも、いよいよラスト。
ツアーの最後は「ファンタズミック!」、「エレクトリカルパレード」💡
実はこの日、入場時、小さいゲストの皆さんに、指輪型のライトを一つずつプレゼントしていたのです。
ウインドチャイムのキラキラ🌟の魔法の合図で、会場、ステージみんな一斉にスイッチオンすると、会場は美しい光に包まれて!


会場に来てくださったお客さまひとりひとりにも、このツアーを盛り上げる重要なメンバーになっていただきました。
ステージから見る光の海、本当に美しかった
そして最後の最後のボーナストラック。
「小さな世界」に合わせて、タップダンスチームや空気砲チームなどこの日の出演者とおんぶらすキッズが、国旗を振りながら客席をパレード🎵


会場中に広がる楽しい手拍子とともに、ツアーが無事幕を下ろしました。
*****
当日、アンケートでいただいた感想をいくつか。
✏️「曲はもちろん、演出も楽しめ、照明、小道具等細部に渡り素晴らしいパフォーマンス。曲構成も工夫されていて目を見張りながら楽しみました」
✏️「タップ迫力すごい! 母ならではの工夫と心遣い、視点、さすがです!」
✏️「生後9ヶ月がノリノリで楽しんでいました」
✏️「大はくりょくでいろんなおんがくがきけてよかったです」
✏️「仕事も育児もされながらこんな完成度の高い演奏ができるとはスゴいです! 私も仕事も育児もしてますが、楽器ができたら入りたいです」
一年間、心を込めて作り上げたコンサート。お客さまに喜んでいただけて、本当に嬉しいです!
そして、手前味噌ながらも「ね、たのしかったですよね🎵」と自信を持って言いたくなるような、団員自身も楽しんだコンサートでした。
(もしできるなら、時間を巻き戻して、今度はお客さんとして客席から見てみたい!)
こぼれ話ですが。
この日、団員、そしてスタッフは、お揃いのネームタグを胸につけ、本番に臨みました。

「ひとりひとりがキャスト」との、コンサート総監督Sちゃんの思いが、このネームタグに込められて。
団員は、毎日を忙しく過ごすママたち。
育児、家事、仕事の合間の時間を縫っての準備ですから、もちろん時間は足りません。
ですが、それでも工夫を重ね、
自分たちが思い描いたイメージを、こうして実現できたこと…すばらしい経験になりました。
*****
「おんぶらすの夢を叶えようとする、たくさんの方々の情熱とイマジネーションが加わり、夢と魔法のコンサートが完成しました!」
messege from コンサート総監督・Sちゃん💫
今回のコンサート開催にあたっては、
多くの企業、幼稚園、ショップ、団体のみなさまより、多くのご協賛をいただきました。
指揮のめぐ先生、エキストラのかなこちゃん、じょーさん、お手伝いスタッフのみなさん、たくさんのお客さま。
そして誰よりも、いつも私たちを支えてくれる家族。
多くの支えの上に、今回のコンサートを終えられたこと、心から感謝申し上げます。
ママになっても夢中になれることがあって、それを支えてくれる家族や仲間がいて。
どれだけ言葉を尽くしても足りないけど、あらためて、いつもありがとう。
しばし燃え尽き気味ですが(笑)、
これからさらにパワーアップすること間違いなしの稲毛おんぶらす、乞うご期待!
演奏予定など、引き続きブログやFacebookでアップしますので、
チェック、フォロー、どうぞよろしくお願いします!









2019年3月10日日曜日

「第3回 LOVE! 福島 ‼」@穴川コミュニティセンター

福島復興支援イベント
「第3回 LOVE!福島!!」
~忘れないを伝える~
に参加させていただきました。
会場には、地元特産品の試食・販売や報道写真パネルの展示、ハーバリウムとポーセリンアートの製作体験などたくさんのコーナーが☺️
福島と千葉のキャラクターコラボも見られましたよ💕


~演奏曲~
・小さな世界
・ふるさと(フルートアンサンブル)
・花は咲く(フルートアンサンブル)
・アンパンマンメドレー(サックスアンサンブル)
・ふるさと 《嵐ver.》(歌)
・勇気100%




~最後にアンコールを頂き😍
テンション上げで⤴️勇気100%をもう一度♪
ふるさと《嵐ver.》はMCすずちゃんの歌で🎤
とても楽しいステージとなりました☺️
演奏後はめぐ先生が【千葉コミュニティTV】さんに生出演

さらに【J:COM】さんに取材していただきました(デイリーニュースで放送)

わかっていたけれど…改めてめぐ先生はすごいと実感…

あれから8年
私個人的には何かをしたい…と思いながら何もできずにここまできましたが、今回このようなお話を頂けたことでやっと何かができた、という思いを持つこともできました。
それと同時に表立った何かができなくても、ただ忘れないでいるということの重要さを改めて実感することにもなりました。
今回このような機会を下さった穴川コミュニティセンター、主催、後援、ご協力頂いた全ての
皆様に深く感謝致します。
ありがとうございました。
Clじゅん